読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

フレッドアップデートによるコピーサイトの危険性と解決方法

【スポンサーリンク】

フレッドアップデート・コピーサイトアイキャッチ

 

風のうわさで最近のGoogleのアップデートで順位が下がりやすくなったと聞いて少しビビってる苦労詐欺だ。
いや、大丈夫、そう簡単にアップデートで順位を下げられてしまうようなコンテンツ作りをしているつもりはないぞ~(`・ω・´)

とはいえ、新しいアップデートの内容ってどうしても気になっちゃうよね。
実はここ最近、Googleから公式に大型アップデートの内容が発表されたを行ったことを認めたんだ。

そのアップデート内容を見たところ、最近流行りのコピーサイトによる逆SEO効果をもろに受けるんじゃないかと思った。
そこで今回は新しく出たフレッドアップデートの内容とコピーサイトによる逆SEOの危険性、そして解決方法を教えていくよ。

※コメントから指摘があり調べた所、Googleの公式は大型アップデートを行ったことは認めているものの中身については公言してなかった。
以下の内容は僕の見解なので注意。
コメントをくれた方ありがとう~。

 

フレッドアップデートについて

Why?

3月8日ぐらいからGoogleのアップデートによって、各サイトに影響が出始めていたよ。
コレについてはネット界隈ではだいぶ噂になっていたね。

まぁ、そもそもGoogleのアップデートって大小はあれど実は毎日行われているんだよね。
ただ、3月の頭に行われたアップデートはGoogleによる大型アップデートなんじゃないかと言われてた。

このアプデートで順位の上がり下がりがかなりあって、みんな阿鼻叫喚状態になってたね。
取り敢えず、ネット上ではこのアップデートのことを「フレッドアップデート」と名付けて呼んでいるみたいだね。(Google非公認)

このフレッドアップデートについて、Google側からつい最近になってどんなアップデートだったか正式な発表があったよ。
主に順位の変動対象になった項目は以下の2つらしい。

これらについて詳しく説明していくよ。

みんな「サイトの順位が下がった~」とか「上がった~」とか言ってたのはこれか。

順位が大きく変動するだけでサイトの収益にも影響が出てしまうわね。

ブログやアフィリエイトからの収益一本でやっている人には辛いとこだね。

こうゆうのを見てると、収入源は複数作っておいたほうが良いんじゃないかと思うわね。

3月頭にGoogle側で大型アップデートを行ったよ。
これにより大きな上がり下がりがあって、サイト運営者の半分ぐらいが阿鼻叫喚
収益源がブログのみはやっぱり危険だね。

広告だらけだと危険

さっきも書いたけど、サイトの1ページ内で広告が多数貼られているような所は軒並み順位が下げられたよ。
「広告だらけで有益な情報提供できてないし、有益な情報だったとしても広告邪魔でしょ」的な感じかな?

どれだけ広告が貼られていると対象になるのかがわからないけど、これが原因だと感じたら、広告減らしたり張り替えたりしたほうがいいかもね。
僕は特に真っ先に削除したほうが良いんじゃないかと思ったのが、記事中で表示される広告。

記事を読んでいる途中に貼られているから、ユーザー側からしたら邪魔に感じている人もそれなりにいるんじゃないだろうか?
Google側もユーザーの利便性としてそこを見ている可能性があるんじゃないかな~と思ってる。

広告減らすと収益は落ちるけど、順位下がるほうが余計収益が落ちるわね。

たしかに、検索結果の3ページ目以下になると極端に見られなくなるって聞いたしな。

そうなのよ、アフィリエイト記事なんてまず見られてなんぼみたいな所があるわね。

ちょっとしたことで収益が下がるような作りのサイトってのもどうかと思うけどな。

どれぐらい広告が貼られていると影響出るかわからないけど、あまり貼りすぎないようにしたほうがいい。
広告が記事を読む妨げになっているのなら尚更良くないよね。
収益が気になるのはわかるけど、順位が落ちてたら余計収益が落ちるからある程度は割り切ろう。

質の悪いコンテンツだらけも危険

今回のアップデートでは広告だらけと共に、コンテンツが大量にあるサイトも対象になっているね。
これは多分だけど、コンテンツが大量にあっても全て質の良いものなら対象外になっているんじゃないかな?

前々からパンダアップデートにあった「質の悪いコンテンツが大量にある」を更に強化したんじゃないかと思う。
現に大量のコンテンツを保有しているサイトの管理者からサイトの順位が落ちたって話をほぼ聞かないんだよね。

だから、コンテンツが大量にあると判断されて下げられたサイトって多分だけど、一つ一つのコンテンツの質が悪いんじゃないかと思う。
大量に貼っていた広告を外してみたけどそれでも順位が上がらないって人も、コンテンツの質そのものを見直してみたほうがいいかも。

コンテンツの質の善し悪しってどうゆう基準になっているんだろうな~?

基本的にコピー・類似じゃないオリジナルの情報なら評価されると思うわよ。

もし、なんの根拠も無いような情報でしかも誤った情報だったら?

そこが難しいところで、正しい情報かどうかの判断は今のところ完璧にはできていない感じね。

ただ、1発信者として極力正しい情報を発信するようにしたほうが信頼が高まっていいわね。

コンテンツが大量にあるサイトは順位が下げられる対象になっているけど、コンテンツの質そのものが良ければ影響は受けないはずだよ。
広告を外しても順位がなかなか上がらない人はコンテンツの質そのものを見直したほうがいいかも。
Google神は記載されている情報に関して、正誤までは完璧に出来ていないみたいだけど、信頼のためにも極力正しい情報を載せるようにしよう。

コピーサイトによる逆SEOが危ない

赤色灯点灯

今回のアップデート内容に関して、公式からの発表を見ていた時に思ったんだけど、これ逆SEOをやられるとかなり影響出やすくなってるよね?
最近コピーサイトを作って、元のサイトに対して不要なページを大量にインデックスさせて順位を落とそうとする逆SEOが行われているみたいなんだよね。

元からあったパンダアップデートによって悪質なコンテンツが大量にあるサイトは自動ペナルティがついて下げられやすくなっていたね。
ただ、このアップデートの網目を抜けたのか、良質だと判断されてしまっているのか、稀に中身が無いようなサイトが表示されていることが合った。

フレッドアップデートでただでさえ質が悪かったり、薄かったりするコンテンツが大量にあると順位が下げられるのに、逆SEOで中身が無いページを勝手に追加されたらたまったもんじゃないね。
フレッドアップデートを逆手に取られて自身のサイトの順位を下げられないようしっかりと監視して防御したいところだね。

こうゆうことする人って何がしたいんだろうな?

お金貰って風評被害対策を行っている会社があるぐらいだから、お金貰って逆SEO対策している会社もあるかもしれないわね~

個人じゃなくて業者ってこと?尚更やっかだな。

まぁでも、これがやられるってことはそれだけ人気のサイトだって自信持ってもいいかもしれないわね。

で、このサイトは被害にあってないのか?

そこは触れてはいけないデリケートゾーンよ。

今回のフレッドアップデートを逆手に逆SEOを仕掛けてくるところが多数出てくるかもしれないよ。
勝手にインデックス増やされていないか監視・防御を強めたほうが良いかも。
このサイトはやられていないから、どうゆうことなのかはお察ししてくれ(´;ω;`)

解決方法を教えるよ

握手

ここまでフレッドアップデートの内容やコピーサイトの危険性について触れてきたけど、ここからはアップデートや逆SEOに対しての対策を教えるよ。
影響を受けないようなサイト作りをしていれば関係ないかもしれないけど、逆SEOまでやってこられると流石に関係ないとは言えなくなってくるね。

解決方法とは言っても誰にでもできるし、さほど難しくはないから一度参考にやってみるといいかも。
特にコピーサイトによる逆SEOに対しての対策は知っておいたほうが良い。

いつ、どのサイトが狙われて故意に順位を下げられてしまうって可能性が無いわけじゃ無いからね。

少し面倒くさいかもしれないけど、自サイトを守るためにはやらないといけないことよ。

まさかGoogleによるアップデートが悪用される可能性があるなんてな…

別にこれまでも無かったわけじゃないけど、今回のフレッドアップデートで尚更悪化した感じね。

ワクチンとウィルスは表裏一体みたいなものかもしれないわね~

フレッドアップデートへの対策は「影響出ているかな?」と思ったぐらいのタイミングでいいと思うよ。
コピーサイトによる逆SEOは影響が出やすい可能性が高いから、発見したら早めに対策しよう。
別段難しいことはないから、これから記載する内容を参考に自身のサイトにもやってみよう。

広告を減らしてみよう

まずは、広告の削減から。
さっきも書いたけど、記事を読んでもらいたいのならやっぱり記事中にある広告は無い方がいいと思う。

僕は自分の記事を読んでもらい始めたら、最後まで読みやすくなるように途中で広告を設置するようなことはしないようにしてる。
AdSense広告は記事上下・サイドの3箇所だけにして、記事内のAdSense広告は削除、それ以外の広告はテキストリンクに置き換えるのが良いんじゃないかな。

広告が少ないってだけでも見やすくなるしね。
バナーを設置するよりもテキストリンクを文章内なんかに設置するほうがもしかしたらクリック率高くなるかもしれないね。

実際にブログカードよりもテキストリンクのほうがクリックされやすいって話も聞くわね。

( ´゚д゚`)エー、ブログカードのほうが見た目かっけぇんだけどな~。

別にクリック率に大差があるわけでもないから、お好みで選択すればいいと思うわよ。

せっかくだから俺はこのブログカードを選ぶぜ!

(´Д`)…

( ´∀`)Σ⊂(゚Д゚ )引くなよ!

広告が多いサイトの順位が下がったのはそれだけで記事やページが読みにくいからだと考えられるよ。
特に記事中に広告があるとそれだけで途切れちゃって読みにくいよ。
広告は三箇所ぐらいがベストだし、修正前と収益の増減はあるけど、そこまで大きくはならないんじゃないかと思うよ。

コピーサイトからのバックリンクは否定可能

質の悪いコンテンツの削除や修正は行うべきだけど、コピーサイトから逆SEOされたときもしっかり対処しよう。
こちらの対処方法に関しては↓の記事で紹介されてたよ。

ちなみに内容としては被リンクに関することだけど、これ実はインデックスとして登録されちゃってる可能性があるよ。 リンク先の記事で細かく紹介されているけど、こっちでも簡単にまとめておくよ。

ここまでがコピーサイトが作られて不要なインデックスをされていないかどうかの確認方法。
ちなみにドメインをクリックして開いてみればどんなコピーサイトなのかが確認できるよ。

ここから更にリンクの否認を行う手順を書いてくよ。

これが一通りの流れになるよ。
専用のテキストファイル作って、任意の場所にアップロードして送信を行うだけ。

認識されるまでには時間がかかるからゆっくり待てばいいよ。
より詳細な情報は先程も紹介したえむしとえむふじんさんの記事を見てみてね。

テキストファイルは何か特別なソフトを使ったりとかでなくていいのか?

パソコン内に既存で入っているメモ帳なんかを使って作ればいいわよ。

そこまで難しくなさそうだし、なんか合ったときのためにメモしておこう。

ほほう。コピーサイトが作られれてしまうほど人気のサイトを運営していると?

将来のためだよ、将来のため(; ・`д・´)

コピーサイトから行われている逆SEOはリンク関連のものだけど、実はインデックスまでされちゃってるよ。
質の悪いリンク&質の悪いコンテンツがサイト内に存在することになるから、リンクの否認を確実にやっておこう。
特に特別なソフトとか必要ないから、コピーサイトが確認できたら速攻でやってしまおう。

アップデートに左右されいなコンテンツ作り

矢印の方向に走る

フレッドアップデートとコピーサイトからの逆SEOに関してやってきたね。
ここまで解説&対応方法を紹介しておいてあれなんだけど、逆SEO以外はそんなに左右されるものでも無いと思うんだ

逆SEOは外部の人間が故意にやらないと起こらないことだけど、他はサイトの管理者本人が内部で行ったことが影響しているわけだからね。
広告の貼りすぎなんて、サイトを訪れたユーザーを考えた際に邪魔になることは明白だと思う。

大量のコンテンツだって、一個一個しっかりと気持ちを込めて作ったコンテンツなら良質なもので、簡単にはアップデートなんかにひかからないと思うんだ。
アップデートで順位が変動するようなコンテンツ作りをしているのなら、それは1から見直したほうがいいかもしれない。

アップデートが起こってから慌てるのではなく、普段からそういったことに左右されないようなコンテンツ作りを目指していこう。
それが見に来てくれたユーザーに良質で有益な情報を与えれることになるからね。

Googleが評価するのはユーザーのことを考えて作られたコンテンツよ。

サイトを訪れたユーザーは顔も見えない赤の他人だけど、何かしらの情報がほしかったり、解決したかったりするわけ。

俺もSEOについてわからなくなったら、このブログ見に来るし、検索もするからな~。

ユーザーのためのコンテンツ作りは、サイト管理側のこれから一生の課題になっていくわね。

基本的にユーザーのためのコンテンツ作りができていれば、アップデートなんかに左右されないサイト作りができるよ。
逆SEOみたいな外部の人間が故意に行うものはその都度対策するいがい方法がない。
ユーザーにおもきを置いたコンテンツ・サイト作りは僕らサイト管理者にとって一生の課題だね。

まとめ

それじゃあ、今回の内容をまとめていくよ。

  • 3月頭にGoogle側で検索エンジンの大型アプデートを行っていたよ。
  • 通称フレッドアップデートによって特定のサイトは順位が落ちたよ。
  • 広告が多量に貼られているサイト・コンテンツが大量にあるサイトが対象になったよ。
  • コンテンツが大量にあるサイトで対象になっているのは「質の悪い」コンテンツが大量にあるところだと思われるよ。
  • コピーサイトによる逆SEOが行われていた場合、インデックスが膨大に増えている可能性があるよ。
  • これによってサイト内にコンテンツが大量にあることになり、フレッドアップデートにひっかかる可能性が高いよ。
  • 広告が多量に貼られているのならユーザー側からの見やすさを考えて広告を減らそう。
  • 質が悪かったり中身が薄いコンテンツが多いのなら削除や修正をしよう。
  • コピーサイトによる逆SEOが行われているようならリンクの否認を行う。
  • アップデートなんかに左右されないコンテンツ作りを心がけよう。
  • ユーザーのためのコンテンツ・サイト作りは僕らサイト管理者の一生の課題だよ。

最後の方は無駄にかっこつけているけど、やっぱりコンテンツの質は大事だと思うよ。
Googleが一番重点を置いて評価しているのはコンテンツの質とリンクだからね。

それが伴わないサイトだと順位が出ないし、無理やりやればアップデートによる天罰が下る。
ネット上で戦いたいのなら正攻法でやろう。